Instagram

インスタグラムで集客をするには?

インスタ集客できるの?
ヤコブ
ヤコブ
インスタグラムで実際に集客をすることって可能なのかな?

今回はこの悩みに答えていきます。

インスタグラムとは?

インスタグラムは2010年にあまりかで登場した写真を中心にしたSNSです。

特に、若い世代を中心に絶大な人気を得て一気に市民権を得るようになりました。

また、現在はフェイズブックが運営元になっていることからフェイスブックとの連携機能なども使うことができるようになり、さらに人気に火をつけるようになりました。

インスタグラムの特徴は?

インスタグラムの特徴は写真を中心にしたSNSであるということです。

今までも写真を投稿することのできるSNSはありました。

しかし、インスタグラムは写真を必ず投稿しなくてはいけません。

この特異性と綺麗に撮れた写真やもれた写真を掲載していという若い世代を中心に人気になりました。

インスタグラム内でのストーリー機能などを使って気軽に投稿できるようになったことでさらに人気を高めることになりました。

使っている層は?

インスタグラムを使っている主な層は若い人です。

特に中学生や高校生、大学生などの女子を中心に使用されています。

具体的には20歳前後の女性を中心に利用されています。

また、女性だけではなく男性の利用率も高く、男性も女性と同じく若い人の利用が中心になっています。

インスタグラムを主に利用している層は女子学生が中心でそのあとに男子学生などが続く若い層が中心のSNSになっています。

広告掲載はできるの?

インスタグラムも他のSNSと同様に広告を掲載することができます。

インスタグラムの広告の最大の特徴は広告が動画、画像に限られているということです。

インスタグラムが画像専用のSNSであることから広告主も画像や動画を用いた広告を掲載しなくてはいけません。

インスタグラムでの集客

インスタグラムで集客することは十分可能です。

しかし、ターゲットが若い層であることが非常に重要になってきます。

自分が求めているターゲットが若い層である場合は非常に高い成果を発揮します。

費用は?

インスタグラムには4つの種類の費用形態があります。

1000回再生ごとでの請求、1クリックごとでの請求、アプリダウンロードされるごとの請求、10秒動画が再生されるごとでの請求です。

インスタグラムは自分が事前に申請した額の広告料に達すると自動的に広告が停止される形式です。

自分の予算に合わせた広告料で出稿することが可能になっています。

効果は?

インンスタグラムの場合はユーザーがクリックや再生などの行動を起こさない限り広告料がかかることがありません。

なので、費用に対する効果は非常に高くなっています。

自分に広告に対してユーザーが何かしらの行動を起こした場合のみ課金されるのでこのような高い費用対効果を発揮しています。

気をつけること

インスタグラムで広告を出稿する際に気をつけなくてはいけないことはターゲットの剪定です。

インスタグラムも全世代の方が一応利用していますがアクティブユーザーは若い世代が中心になっています。

なので、若い世代に向けた広告を出稿したい場合に積極的に利用するようにしましょう。

次に気をつけることが広告の形式です。

インスタグラムの場合はインスタグラムに馴染む広告がユーザーに好まれます。

インスラ映えのする画像や動画を中心にした広告を掲載するようにしましょう。