YouTube

【簡単】YouTubeSEO対策方法|上位表示に使える3つのツールも紹介

YouTubeでアクセスアップを目指したい
YouTubeで使えるSEO対策方法がしりたい
アクセスアップに繋がる便利なツールがしりたい

今回はこの悩みに答えていきます。

解説ポイント
  • YouTubeSEOの方法
  • YouTubeSEOに使える無料ツール
  • YouTubeSEOをした後の分析と対策

これについて解説しているのでYouTubeでの動画の再生数を伸ばしたい人にピッタリな内容です。

YouTubeSEOの基本的な4つの方法

YouTubeのアクセスアップに使える基本的なSEO対策は大きく分けて4つです。

YouTubeSEOの基本4つ
  • 動画タイトルにキーワードを設定する
  • 説明文にキーワードを入れる
  • カスタムサムネイルを使う
  • <li>動画にタグを付ける</li>

詳しく解説していきますね。

動画タイトルにキーワードを設定する

動画のタイトルにはキーワードを設定するのが大切です。
キーワードを設定することで、検索による流入を増やすことができて、動画の再生数アップに繋げることができます。
犬の飼い方を説明する動画の場合、「チワワ 飼い方」などのキーワードを入れることで、動画で解決できる悩みを持った視聴者のアクセスを獲得可能です。

キーワードを入れた、タイトルは下記の3つのようなイメージになります。

キーワードを入れたタイトル
  • 「チワワ 飼い方」=犬の飼い方を解説!費用も紹介
  • 「ダイビング 値段」=ダイビングの初期費用は?値段を解説
  • 「YouTube 始め方」=現役YouTuberがYouTubeの始め方を解説

しっかりと検索流入を意識して、キーワードを入れたタイトル設定を心掛けましょう。

説明文にキーワードを入れる

YouTubeSEO対策の基本2つ目は、説明文にもキーワードを設定するという点です。
動画説明文に、キーワードを設定することで、検索の流入を強化することができます。
動画の内容や、動画を見るとわかることなどを、キーワードを入れながら書くことで、検索に引っ掛かりやすくなるので、しっかりとキーワードを入れて動画説明文を書くのが大切。
動画の説明文に、キーワードを入れる場合は、下記の3つを意識して入れればOKです。

動画説明文にキーワードを入れる3つのコツ
  • 動画説明文の1文目に、必ずキーワードを入れる
  • キーワードを入れた問い掛けを説明部に入れてみる
  • キーワードを入れながら、動画の内容を軽く解説する

仮に「チワワ 飼い方」というキーワードを設定している場合は、下記のような説明文になります。

【1文目にキーワード】この動画では、チワワの飼い方に関する注意点たコツを紹介しています。
【問い掛け】チワワの飼い方についてしりたいと思いませんか?
【キーワード+動画内容】チワワを飼う際の、飼い方のコツやかかる費用などもわかるのでぜひご覧ください。

キーワードを入れることを、意識して動画の説明文を書きましょう。

カスタムサムネイルを使う

YouTubeSEOの基本3つ目は、カスタムサムネイルを使うとアクセスアップに繋がります。
カスタムサムネイルとは、自分で設定・編集した画像を、動画のサムネイルとして設定できる機能のことです。カスタムサムネイルの設定は、PCからの操作のみで、設定することができます。
YouTubeの伸びている動画は、カスタムサムネイルが主流なので、カスタムサムネイルを使うべきなのは間違いありまあせん。
動画の内容が、分かりやすいサムネイルを設定するようにしましょう。

見やすいサムネイルを作るコツとしては、下記の3つを意識すればOKです。

サムネイルを作るコツ
  • 価値が伝わる
  • 視聴者が気になる
  • 文字が読みやすい

価値を伝えるには、その動画を見るとわかる事を伝えることです。
仮に、「飛行機に持ち込めない物リスト」という文字入のサムネイルを作った場合は、飛行機に乗ったことが無い人にとって価値のある内容になります。

そして、飛行機に持ち込めない物は何か気なる、という欲求も生まれるので、クリック率もあがるのです。重要なのは「どうなんだろう、知りたい」という欲求をかきたてることが大切になります。

そして、最後に意識すべきなのは、文字の読みやすさです。
いかにインパクトのあるサムネイルでも、文字が見えにくいと内容が伝わらずクリック率は落ちてしまいます。文字のサイズをなるべく大きく、設定してインパクトのあるサムネイルの文字を視聴者に届けましょう。

動画説明文にタグを付ける

動画説明文にキーワードを含んだタグを付けるのは、基本的なYouTubeのSEO対策の1つです。
タグを付けとは、動画説明文の中で、ハッシュタグの後にキーワードを入れて「#○○」のように書くことでタグが設定可能。
タグを付ける事で、他のチャンネルを見ていた視聴者に関連する動画として、表示されて、動画が見られる確率が上がります。
仮に、「#猫」と設定すれば、他のチャンネルの猫動画を見ていた視聴者が、自分の動画を関連動画から見つけて、視聴してくれる可能性があがるのです。
注意点として、ハッシュタグは1つの動画に対して、3つまでしか付けられません。
10個など、大量に付けても、機能するのは、始めに入力した3つまでなので、キーワードを入れたハッシュタグを3つ設定しておきましょう。

YouTube動画でのハッシュタグ
  • 動画説明文に「#」の後に「キーワード」を入力する
  • ハッシュタグは3つまで機能する
  • 関連動画から視聴者が集められる

YouTubeSEOに使えるツール

ここからは、YouTubeSEOに使えるツールを紹介していきます。
知っておくことで、キーワードの設定などを有利に進められることが可能です。
具体的なツールは以下の3つのツールになります。

YouTubeSEO向け3つのツール
  • YouTubeの検索欄
  • 関連キーワードの取得ツール
  • Canva

これも詳しく解説していきます。

YouTubeの検索バー

YouTubeの検索バーはキーワードの設定に便利です。
検索されているキーワードが一覧になって表示されるので、その中からキーワードを選んで動画を作成すれば、検索流入で動画のアクセスアップを狙えます。
ためしに、気になることを入力すると、検索予測の一覧が表示されるのでその中から、自分が撮影できそうなキーワードを選んでタイトルに設定しましょう。

関連キーワード取得ツール

関連キーワード取得ツールは、サジェストキーワードの設定に便利なツールの1つです。

サジェストキーワードとは
検索する際に、2番目以降に入力するキーワードのことです。
「チワワ 飼い方」の場合、飼い方の部分が関連キーワードになります。

キーワードを入れるだけで、様々なパターンのサジェストキーワードを一覧で表示してくれるので、
様々なパターンのキーワードを設定するのに間違い無く役立ちます。
検索欄に動物と検索すると動物関連のサジェストキーワードが出てくるので、それらを動画タイトルや説明文に書き込んでおけば、基本的なSEO対策は完璧です。

Canva

Canvaはサムネイルの編集に使うと便利な無料ツールです。
スマートフォン・PC・タブレットなど様々な端末に対応していて、どの端末からでもサムネイルの編集を行うことができます。
スマートフォン1つでも、カスタムサムネイルを設定して簡単にサムネイルが作れるので、移動中などPCが使用できない環境でも、空き時間で有効的にサムネイルの編集が可能です。
Canvaを使えば、どの端末からもサムネイル作成できるので、間違いなくサムネイル作成を効率化することが、できます。

YouTubeのSEO対策発展編

ここまでは、YouTubeSEOの基本的な対策を紹介してきました。
ですが、YouTubeSEOには更に、知って置くべき発展編の対策があります。
発展編を知って置くことで、動画だけでなくチャンネル全体も強化できるので、間違いなく知っておくべき内容です。
具体的な方法は以下の5つになります。

YouTubeのSEO対策発展編5つ
  • 再生リストの整理
  • 説明文にチャンネルURLを張る
  • エンディングにカードを追加する
  • webサイトやブログに動画を埋め込む
  • 動画内で高評価をお願いする

この5つの対策を知って置けば、SEO対策は間違いありません。
それぞれ、詳しく紹介していきます。

再生リストの整理

再生リストの作成するのは、SEO対策としても有効的です。
関連する動画や、近い内容の動画は連続して見られやすい傾向があるので、再生リストを作成すれば間違いなく視聴者にとって見やすいチャンネルにすることができます。
料理の動画が複数ある場合は、料理の再生リストを作るなど、関連動画を1つの再生リストにまとめておけば、間違いありません。
関連動画をまとめて置けば、再生リストから視聴者が動画を見た際に、他の動画を続けてみてもらえる確率も上がります。
再生リストの設定は。クリエイターツールから、動画の管理をクリックして、新しく再生リストから再生リストを追加可能です。

再生リストの設定方法
  • YouTubeのクリエイターツールをクリック
  • クリエイターツール内の動画の管理を選択
  • 新しい再生リストを追加を選択
  • 再生リストから追加する動画を選択

再生リストには、自分のチャンネル以外にも、URLを設定して他のチャンネルの動画などもリストに入れられることが可能です。関連した人気動画なども入れておくと自分のチャンネルでの滞在時間を伸ばすことに繋がります。

自分のコンテンツ数が少ない内は、関連する他のチャンネルの動画を再生リストにいれるなどして、自分のチェンネルでの滞在時間を増やしましょう。

説明文にチャンネルのURLを張る

説明文にチャンネルのURLなどを貼っておくのは、間違いなく有効的な対策の1つです。
自分の投稿した他の動画が、どんな物があるのか気になった人のアクセスアップが見込むことができます。
説明文の下に、チャンネルはこちらと書いてURLを設置しておくことで、自分のチャンネルに興味を持った方が、他の動画を視聴するきっかけにもなるので、設定しておけけば間違いなくチャンネルへのアクセスアップを狙えます。
もしセカンドチャンスや、その他の趣味用のチャンネルなど、アクセスを増やしたいチャンスがある場合も、同様に動画説明文に○○チャンネルはこちらという方で、リンクを貼っておきましょう。

エンディングにカードを追加する

エンディングにカードを追加すると、他の動画の動画再生数アップにつながります。
カードとは、YouTube動画の最後に流れるエンディングで見られる、おすすめの動画はこちら、のような動画へのリンクのことです。
関連した動画は、続けてみてしまう人が多いため、他のおすすめ動画などを、エンディングにカードとして表示させるのは、間違いなく有効的な対策の1つです。
カードを設定して、エンディングに表示させれば、クリックして見られる確率が上がります。
詳しい、カードの設定方法は以下の4つに沿って行えば、大丈夫です。

カードの設定方法
  • 動画下部にある終了画面を選択
  • 業務を追加を選択
  • 動画又は再生リストを追加を選択
  • 視聴者に適したコンテンツを選択

設定方法は、自分の動画の下部にある、ボタンから、終了画面とアドテーションをクリック。
業務を追加から、再生リスト又は、動画を追加からエンディングに追加する動画を選択できます。
設定する際は、視聴者に適したコンテンツを選択にチェックマークを入れれば、Googleのシステムが自動で自分のチャンネルの中から、視聴者に適した動画をカードに表示してくれるので、それぞれ、の視聴者に合わせることができます。

サイトやブログに動画を埋め込む

webサイトやブログに自分の動画を埋め込む事で、アクセスアップを狙うことができます。
ブログの読者とYouTubeの視聴者は、シェアが被っていない事が多いので、新たな視聴者を獲得できる可能性が間違いなく上がります。
自分のブログに、YouTubeの動画を埋め込む、そしてYouTubeチャンネルにブログのリンクを設置する、この2つを抑えて置けば、OKです。
ただリンクを適当に設置するのではなく、自分のブログの犬の記事に、自分のYouTubeチャンネルの犬関連の動画を埋め込むなど、関連付けた動画を埋め込んでおきましょう。

サイトやブログに動画を埋め込む
  • 自分のブログ記事に関連するYouTube動画を埋め込む
  • ブログにYouTubeチャンネルのリンクを設置する
  • YouTubeチャンネルにブログのリンクを設置する

動画内で高評価をお願いする

高評価を動画内でお願いすることは、SEO対策にもつながります。
高評価が多い事で、良い動画だと思われやすく、心理学的にも評価や意見や人が集まるコンテンツは信頼性が高くなりやすいためです。
評価が多い物は、同調効果といって、他の人が良いと思っているなら、良いコンテンツに違いないという心理学的な効果が発揮されます。
高評価を増やす具体適当な対策は、「動画内で高評価を視聴者にお願いする」これで、間違いありません。
「高評価をお願いします。」など、動画内で直接視聴者に、語りかけましょう。

YouTubeで伸びる動画作成のコツ

YouTubeで、伸びる動画のコツを作るコツを紹介。
知って置くことで、伸びやすいYouTube動画を作るヒントになります。
具体的な動画作成のコツは、以下の5つを意識すればOKです。

動画作成のコツ
  • 対話を意識する
  • トレンドに乗る
  • YouTubeのペナルティを意識
  • 視聴者のニーズに合わせる

対話を意識する

YouTubeの動画は、対話を意識することで、良い動画になります。
一方的な意見だと受け入れずらいが、対話を意識すると筋の通った内容になりやすいためです。
友達に悩みを相談されていることをイメージして、動画で話すと対話調の動画になるので、自然と悩みに受け答えられる動画に仕上げることができます。
「友達に○○について、相談されたらどう答えるか」を意識して、対話するような、動画を撮影しましょう。

トレンドに乗る

トレンドに乗る動画は、間違いなく再生数が伸びやすい傾向があります。
トレンドは注目の高い物なので、検索での流入を強化できると共に、瞬間的に見られやすい動画になるのです。Twitterでバズっている物を話題に取り上げて、動画を企画すれば。トレンドに乗った動画を作ることができます。話題のアイテムや、言葉に関連した動画を使い、トレンドに乗ったYouTube動画を作ってみましょう。
トレンドを基にした、YouTube動画は以下のイメージです。

トレンドを意識した動画のイメージ
  • アルミホイルボール=YouTubeで作る動画を上げる
  • 人気の新商品が出る=YouTubeで紹介する
  • 手取り14万円=手取り14万に対してのコメント動画を上げる

TwitterやSNSで話題のアイテムや内容を、動画に反映してトレンド感のある動画を作成してみましょう。トレンドに乗ることで、注目度の高い、時流に沿ったコンテンツに仕上げることが可能です。

YouTubeのペナルティを厳守する

YouTubeのペナルティを厳守した動画にすることは、間違いなく大切です。
動画のアクセスアップ以前に、ペナルティを考慮しないと、チャンネルがバンされる可能性があります。
細かいペナルティ規約は効果されていませんが、今のところ考慮すべきペナルティのポイントは以下の3つです。

YouTubeのペナルティ項目
  • 暴言や暴力を行う
  • 性的な描写又は言葉を連呼する
  • 第三者のコンテンツに一致する

暴力的な描写や、言葉の多い動画はペナルティを受けやすい傾向があります。
殴る蹴るなどの、行為はもちろん「殺す」などの暴言も、避ける必要があるのは間違いありません。

また、性的な描写や言葉を連呼すつのも、ペナルティ対称なので、動画内では避けなくてはいけません。もしジョークのつもりで、表現を利用したい場合は、音声を修正して「ピー」などの音を入れましょう。

最後に考慮すべきポイントは、第三者のコンテンツに一致する動画、つまり他の動画と全く同じ動画をYouTubeにアップすることです。かりに他のYouTuberとコラボした際に、全く同じ動画を両方のチャンネルで上げるとペナルティとなり、動画が消去される可能性が高くあります。
動画を投稿する際は、同じ動画を複数アップロードしないように、注意しましょう。

もしペナルティ項目を破った場合は、以下の5つのペナルティが段階的に課せられます。

YouTubeの5段階ペナルティ
  • 動画の音声のミュート
  • 動画の消去
  • YouTubeチャンネルの消去
  • YouTubeアカウントの消去
  • アドセンスアカウントの停止

動画の消去や音声のミュートは、軽度なペナルティですが、アドセンスアカウントの停止が行われると、収益の受け取りなどもできなくなってしまいます。

ペナルティを違反した場合は、Googleから注意勧告のメッセージが届くので、チャンネルの消去や、アドセンスアカウントの停止など重度の措置にならないよう、動画の内容には十分に注意しましょう。

基本的には、ペナルティを3回繰り返すと、注意勧告のメッセージが届き、メッセージを受けた後も改善が無い場合は、チャンネル消去やアドセンスアカウントの停止など重度の処置に切り替わります。

注意点としては、短期間でペナルティを繰り返すと、注意勧告のメッセージ無しに、チャンネルが消去される可能性もあるので、3つの事項を避けた、動画を作成すれば安心です。

YouTubeのペナルティを意識して、動画消去などのペナルティを受けないように注意を心掛けましょう。

視聴者のニーズに合わせる

視聴者のニーズに合わせることで視聴者の求める、良い動画を作ることができます。
求められている物が作れれば、見てくれる人が確実にいるので、アクセスアップにつながるのです。
読者のニーズは、コメントやアナリティクスの情報を基に、知ることができるので、それらの情報を基に、動画を作成または、改善すると良いでしょう。

動画は、SEO対策だけではなく、日々意見の取り入れや内容の改善が欠かせません。
視聴者の意見を取り入れることで、自分一人では思いつかない改善点を見つけるきっかけになるのです。
そこで次に、動画の改善方法や視聴者のニーズを取り入れた対策方法を詳しく紹介していきます。

SEO対策後にするべき分析と改善

SEO対策をした後にするべき、分析と改善方法を紹介していきます。
日々分析と改善を繰り替えることで、YouTubeの視聴者に合わせた最適な動画にしていくことが可能です。具体的なYouTubeの分析と改善の方法は以下の4を意識しましょう。

動画の分析と改善方法
  • アナリティクスで視聴者層を確認
  • 伸びる動画のパターンを見つける
  • コメントを基に動画を改善する
  • 視聴者の動画維持率を意識する<

それぞれ、詳しく紹介していきます。

アナリティクスで視聴者層を確認する

アナリティクスで視聴者層を確認するのは、間違いなく需要です。
アナリティクスでは、視聴者回数やチャンネルへのアクセス数の他に、視聴者の年齢や性別をしることができます。この機能を活用すれば、どんな視聴者に向けて動画を発進するべきかというターゲットを明確にできるのです。
10代の視聴者が多い場合は、10代に受けそうな内容や動画を意識するなど、どんな人に向けて作るかは、マーケティングでも使われペルソナと言われ重要な項目の1つです。
ペルソナとは、想定読者やユーザーのことで、「10代の男性に向けた動画を作る」よいうように、仮想ターゲットを決めて動画を作成するとより視聴者に刺さりやすい動画になります。
視聴者に合わせた動画の内容は下記のイメージです。

視聴者層に合わせた動画内容イメージ
  • 10代の男性が多い=10代の学生などに向けた動画を企画する
  • 20代の女性が多い=20代の女性に向けた動画を企画する
  • 30代の男性が多い=社会人の男性向け動画を企画する

チャンネルによって、集まってくる年層や性別は異なるので、自分のチャンネルに集まる傾向の多い年齢や性別の視聴者に合わせた動画内容を意識しましょう。

伸びる動画のパターンを見つける

再生数やコメントの多くついた、動画のパターンを見つけるのは、重要です。
投稿した動画の中から、伸びた動画の共通点を見つければ、自分に合った動画の伸ばし方がわかります。
自分のチャンネルで筋トレを紹介していて、筋肉に良い食べ物の動画が伸びる傾向があれば、そういった動画を増やすなど、今までの投稿の中から、伸びる動画のパターンを見つけるのが最適です。
改善パターンの具体的な例は、以下のようになります。

パターンを活かして内容を改善
  • 食事の動画の反応が良い=食事の動画を増やす
  • 筋トレ関連の再生数が多い=筋トレに特価してみる
  • ドッキリに対するコメントや高評価が多い=ドッキリ動画を増やす
  • 自分への質問が多い=質問の回答動画を作る

動画への反応やパターンを、フィールドバックに動画の内容や方向性を改善しましょう。

コメント欄を基に動画を改善する

コメント欄は動画やチャンネルを改善するのに、大切な意見であり情報源なのは間違いありません。
コメントは、視聴者の感想なので、改善点又は、良い点を知ることができ、動画の内容の改善に活かすことができます。

コメント覧を基に動画を改善
  • 声が小さい=声の大きさを上げる
  • テロップを増やして欲しい=編集でテロップを追加
  • ドッキリ動画のコメントや反応が良い=ドッキリ動画を増やす「

声が小さい、テロップを増やしてほしいなど、コメントを基に、しっかりと動画の内容を改善しましょう。YouTuberでは、中田敦彦さんなども、コメント欄を見て、改善する手法を使いチャンネル登録者数を伸ばしています。
注意点としては、誹謗中傷などの意見性の無いコメントは参考にしないという点。
全てのコメントを動画の改善に使うのではなく、あくまで改善に使えそうなコメントや意見を取り入れるだけでOKです。

視聴者の動画視聴維持率を意識する

動画の視聴維持率を考慮するのは、大切な対策の1つです。
動画視聴維持率は、話し方を改善することで、大幅にに改善します。
最後まで見られる動画は、説得力や人を惹きつける力があり、Googleの評価に繋がる可能性が高くあります。長く見られる、ということは動画に広告を流した際に広告を見る確率も高くなるためです。動画視聴維持率を上げる簡単な方法は、下記の5つを参考にすればOKです。

動画視聴維持率を上げる話し方
  • 掴みを意識する
  • 共感を入れる感じさせる
  • 結論・理由・具体例の順番で話す
  • 日常的な例え話を入れる
  • 間の取り方を工夫する
  • 質問や問い掛けを入れる

1つ目のポイントとして、動画の話始めは、掴みが大切なのでインパクトのある言葉を入れるべきなのは、間違いありません。掴みがなくては、続きを見ようという気分にならないので、「なんだそれ」と視聴者の興味を低く話始めをいきましょう。

2つ目に、共感を入れるまたは、感じさせることで、視聴者の気分や興味を集めることができます。
「○○って、大変ですよね。」というように、気持ちに共感するような表現は、この人も同じ気持ちなんだという感情を生まれさせて興味を引くきっかけになります。

3つ目のポイントは、結論・理由・具体例の順番で話す、という点です。
視聴者は、どうすればよいのか、何が言いたいのかなど結果を早くしりたい傾向があるので、「大切なのは○○することです」など結論を先に言うのは、間違いなく重要になります。

ポイント4つ目の間の取り方に関しては、話をスピーディーに続けるのではなく、程よく間をおいて話すことで、視聴者が肝心です。情報を一気に話されるのでは無く、間があった方が、情報を飲み込むための余裕が生まれます。マシンガントークではなく、ある程度間を開けて話す、これでOKです。

長い動画の動画視聴維持率が高いと、収益の増加にも繋がります。最後まで興味を持って見てもらうことを意識して動画コンテンツを作成していきましょう。

動画編集スキルを磨くならテックアカデミーのオンラインスクールがおすすめ
動画編集コース
大きく稼ぐなら動画編集スキルが必須!
動画編集コースはコチラ